【CD】オーケストラで聴く「オペラ座の怪人」

これまた、うっかり買っちゃったシリーズ。

The Best of Andrew Lloyd Webber
オーケストラで聴く「オペラ座の怪人」~ザ・ベスト・オブ・アンドリュー・ロイド=ウェバー

ロンドン交響楽団/アンソニー・イングリス

オルガン抜きの「オペラ座の怪人」はちょっと物足りないけれど、シンク・オブ・ミーとかかわいらしくてなかなかよいアレンジです。

ジーザス・クライスト・スーパースターとかも入っているのだけれど、そういえば高校のときに吹いたことあった。
聴くまで忘れていた(笑)。

【吹奏楽演奏会】今月開催の気になる演奏会(風の和/九響)

吹奏集団風の和第16回定期演奏会

吹奏集団「風の和」第16回定期演奏会「春一番、風の舞踏会へようこそ」
日時2008/04/13(日) 13:30開場/14:00開演
場所文京シビックホール(大ホール)
チケット¥1,500-
(前売: ¥1,000- チケットぴあ【277-065】またはシビックチケットで)
演目♪シバの女王ベルキス(レスピーギ)
♪ダンス・セレブレーション(建部知弘)
♪シンフォニックバンドのためのパッサカリア(兼田敏)
♪写楽(高橋伸哉)
企画ステージ「和樂〜和の薫りを 風にのせて〜」
websitehttp://kazenowa.jp/


また受付のお手伝いに行ってきます。
ふぉぉぉ。ベルキス…。
ベルキスはまんまバレエ音楽、ダンス・セレブレーションは曲名からして「ダンス」、パッサカリアは舞曲の音楽様式のひとつ、写楽は歌舞伎がらみ、ということで「舞踏会」なんでしょうね。

第2部、企画ステージは和楽器尺八と吹奏楽のコラボ。
尺八奏者のプロフ写真を見る限り、イケメン←ここ大事。
九響スペシャル
九州交響楽団 九響スペシャル「20世紀音楽・知られざる名作集」
日時2008/04/28(月) 18:00開場/19:00開演
場所アクロス福岡シンフォニーホール
チケットS席¥4,000-/A席¥3,000-/B席¥2,000-/学生券¥1,000-
プレイガイド/アクロス福岡チケットセンター/ローソンチケット/チケットぴあ
オンラインチケット
演目♪春の猟犬(リード/ライカー編)
♪イギリス民謡組曲(ヴォーンウィリアムズ/ジェイコブ編)
♪ユーフォニアム協奏曲(エレビー)
♪管弦楽のための交響詩「ぐるりよざ」(伊藤康英)
♪プラハ1968年のための音楽(フサ)
website九響スペシャル
※管弦楽の演奏会です
指揮は下野竜也さん。
ずっと聴き逃していた春の猟犬管弦楽版を、ついに!
ぐるりよざ管弦楽版も聴けちゃう、お得な演奏会。

朝着いて夜の演奏会。
んー、スペースワールド?(笑)

ごちそうさまでした


ウルウル

ちょっと早めの


【Wicked】久々の金田ボック


すいません、また来てます(笑)。
珍しく、土曜日のマチネなんてなんだか優雅です。

オペラ座の怪人の続編、って…

とっし〜の日記を読んで、続編製作のニュースを知る。

あの「オペラ座の怪人」に続編!?−Variety Japan

ふーん。

マンハッタンの怪人 (角川文庫)
マンハッタンの怪人 (角川文庫)
フレデリック フォーサイス,Frederick Forsyth,篠原 慎

↑これのミュージカル版、ってことなんですかね?

焚きつけられてはいますが、

そうそう行けませんから、大阪。

ちょっと前、前上司のZ氏から内線があって、
「まだ行かないの?ブログに記事がアップされるの待ってるんだけど。」
とか言われちゃうと、俄然行きたくなっちゃんだけれど(笑)。

でも、しばらく単休祭りだったりするので、行けないワケ。



世界が初めて体験する壮大なファンタジー
ファンタスティック・ワールド

USJの新しいショーも気になるけれど、TDR25周年もあるしねぇ。
それにミュージカル三昧あれこれで、それどころじゃない(笑)。

【昭和三部作】ミュージカル李香蘭、初鑑賞



久々の浜松町。
話題のミュージカル、「李香蘭」を初観賞してまいりました。

「エッフェル塔のデザインが変わるらしいです」だそうです

いつもお邪魔しているパリノルールblogを見て、仰け反りました(笑)。

デザイン画も掲載されているのでぜひ見ていただきたい。

まるで「シャワーキャップを被ったおばあちゃん」風です。
宇宙人のモニュメント風というか。
怪しい姿というか、滑稽というか。うふふ。

パリの迷い方

じゃん・ぽ〜る西、っていう名前もアレだけれど、中身も結構アレです。

パリの迷い方
パリの迷い方

じゃん・ぽ〜る西

パリパリ伝説と似たような感じで巴里を紹介してくれています。
生活密着型。
でも、生き様とかちょっと心配(笑)。

で!?
みたいな感じでひとつのストーリーが勝手に終わっちゃうので、かなりのフラストレーション。
あとは想像してね、みたいな。

ユルい感じはオススメ。
これを読んで、自分も巴里で生きていけるかも、とかうっかり思い込まないほうがよろしいかと。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

つぶやいています

TOTAL ACCESS


TODAY
YESTERDAY

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【Wicked】カラオケCD買ってみた
    ogalyn
  • 【Wicked】カラオケCD買ってみた
    musical
  • 【Wicked】カラオケCD買ってみた
    ogalyn
  • 【Wicked】カラオケCD買ってみた
    musical
  • 【Wicked】カラオケCD買ってみた
    musical
  • 【Wicked】カラオケCD買ってみた
    ogalyn
  • 【Wicked】カラオケCD買ってみた
    musical
  • 【Wicked】2012年観劇初めの巻
    ogalyn
  • 【Wicked】2012年観劇初めの巻
    どびん
  • 濱田めぐみさん、復帰は来年1月
    ogalyn

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM